低血圧による辛さ

低血圧による辛さが本当に大変!?

低血圧による辛さを紹介しています。

 

血圧というと、やっぱり高血圧の人の方が
問題になりやすいですよね。

 

高血圧だと命に関わる病気に繋がる可能性が大きいため、
血圧を下げる薬を飲む人も少なくありません。

 

私の父も高血圧でそういう薬を飲んでいます。

 

でも、私は二十歳過ぎた頃に自覚したのですが、
かなりの低血圧です。

 

血圧を測って上が100あった事なんて記憶にない程です。

 

大抵は下は50台で上は80台程度なのです。

 

毎年夏前に健康診断を受けに行くのですが、いつも自転車で走って
直前までハアハアしながら会場に入って受けているというのに、
測るとあまりの低血圧で驚かれます。

 

前回は、測定してくれた人が低めですね?、夏とか
朝起きれなくて辛いでしょう?と言ってくれました。

 

低血圧だと高血圧と違って普段からあまり心配されないので、
なんかちょっとその時は嬉しかったです。

 

確かに低血圧だと、冷え性になりやすいし活動的になれないし
疲れやすいんです。

 

前に低血圧を内科で相談したら、それほど問題にならないから
気にしないで良いと思いますよと流されてしまったんです。

 

少しは周りの人に低血圧の人の辛さも理解して貰いたいと思います。

 

血圧が高めを気にしている人には、エーザイのヘルケア
おすすめですが、低い人には何かないでしょうか・・・。

 

低血圧で困った事

 

高血圧である事は生活習慣病に繋がっていく悩みです。

 

しかし、血圧が低くて悩んでいる人もいるのです。
私も低血圧で悩みながらずっと生活をしています。

 

まず、血圧が低い事で朝に弱いです。

 

時間通りに起きて仕事には行けるのですが、いまいちスイッチが入らない。

 

朝の1クール目は活力も沸いてこずに苦しむ事も多々ありますが、
かといって、日中は普通に元気に仕事ができるので、
辛いのは朝だけです。

 

慣れてしまっているので、朝一でエンジンがかからない事には
対応する事はできます。

 

ですがもう一点、毎年行う健康診断の採血はとても苦しい
イベントなのです。

 

健康診断があると予定を知ったら、まずは当日に向けて鉄分を
多く摂るようにして対策を始めます。

 

採血で血を抜かれて倒れてしまわないように、事前に準備する
必要があるからです。

 

私が今の会社で働いていて、1年目に健康診断がありました。

 

採血もあり、何も対策をせずに行った結果、半病人のようになってしまい
上司に帰されました。

 

その経験から、毎年健康診断の時期になったら対策を始めるように
しています。

 

血圧が高くて悩んでいる人も多くいますが、低くて悩んでいる人も
少なからずいるのではないでしょうか。