低血圧の人は損

低血圧の人は損!?

低血圧の人は損!?

 

昔から朝起きることが苦手です。

 

よく母からは「怠け者だね」と言われましたが、社会人になってから血圧が
低いせいで朝から昼までの間、毎日調子が悪かったんだなぁとわかりました。

 

朝起きると頭痛がしたり、身体がだるくて布団からすぐに出ることができません。

 

朝食を食べようと思っても頭がボーっとして食欲がなく、
学校や会社に遅刻しそうになりました。

 

時々立ちくらみや眩暈がすることもあります。

 

30代になった現在もまだ低血圧に悩んでいます。

 

ですがさすがに慣れてきました。
一度病院へ行きお医者さんに相談してみたら、「年を取ったら高血圧で
悩むようになるから」とサラっと言われて終わりました。

 

低血圧って命に関わる危険があまりないせいか損ですね。

 

低血圧じゃない人にこの辛さを訴えてもあまり理解されないような気がします。

 

友人に「低血圧で朝起きることができないんだよね」と言ったことがあるのですが、
「そうなんだぁ」と苦笑いされただけでした。

 

低血圧改善する為に毎日規則正しく生活をして、タンパク質やミネラル、
ビタミンなど栄養バランスを考えた食事をするようにしています。

 

献血の後に血圧が下がって看護を受けた話

 

私は、あまり血圧が高い方ではありません。献血をしたくても、血圧が低くて
断られそうになることもしばしば…。

 

ある時、体調も良かったので400mlの成分献血に行きました。

 

血圧が低いと、献血のスピードが遅いのでしょうか、他の人より
時間がかかっていました。

 

そして、1時間程度経つとみるみるうちに気分が悪くなり、
いわゆる「貧血」の症状になってしまいました。

 

慌てて看護師さんに血圧を測ってもらうと、最高が76、最低が50くらい。

 

見たことのない低い血圧でした。
目の前も暗くなり、視界が狭くなってじっとしていられなくなりました。

 

慌てて献血の針を抜いてもらって、しばらくその場でじっとしているよう
指示を受けました。

 

貧血の際には、頭を下げて、じっとしている必要があるそうです。

 

寒気がしたので、たくさん毛布もかぶせてもらいました。

 

その時の看護師さんによると、かなり唇の色も悪かったようです。
我慢せずに、早めに申告すればよかったなあと、後悔しています。

 

低血圧の人は、あまり献血はオススメできません。

 

こんなところでも、低血圧の影響があるのかとおどろいた経験でした。

 

低血圧なので、あまり関係ないかもしれませんが
ヘルケアの効果が血圧に良いそうです。